たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp

たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp オンラインショップはこちら

2018/09/08

2018年9月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

時代はサブスクリプションサービスということでSpotifyを導入したら、いいじゃないって感じじゃないですか、コレ。一度PCに取り込んだらケースを開けないCDが溜まっていくことがなくなるのが最大の利点でしょう。そして店ではGoogleHomeが置いてあるので、Spotifyとの相性も非常に良くて使い勝手が良さそうです。
音楽業界ではCDが売れないと嘆いているようですが、これは必然の流れなのかもしれません。握手券とか悪くいうつもりはありませんが、フィジカルリリースはプラスアルファがなければ手にとってもらえなくなりますよね。
まだ調べてませんがサブスクリプションサービスで聴いた音楽は製作者の懐にいくらか入るのでしょうか。だとしたら既にCDで持っている音源でもサブスクリプションサービスで聴けば更に製作者が潤うことになると思うのですが。違ってますかね。


9日は去年も受験したコーヒー鑑定士の講義を受けるために臨時休業させていただきます。今年も生豆鑑定を受験するのですが、去年は試験に落ちたとはいえ、今までの道のりで一番充実した講義でした。自分が今行っている仕事の核をなす部分をブラッシュアップできる機会なんてそうありません。この一年間はこの検定のことを念頭に置いて仕事をしてきました。かといって今年で合格できる自信はありませんが、今から楽しみで仕方ありません。
そして10日は所用により・・・いや、この際白状しましょう。父親の具合がよろしくありません。今年に入ってから入退院を繰り返しており現在も入院中です。そのためこのところ病院から呼び出しが多く、どうしても開店時間を変更せざるを得ません。ここに書くことで心配を掛けちゃうのもどうなんだろうと思いましたが、このブログのページビューから推測してさほど読まれている形跡がなく、コアな方が見ているだけのようなので、近況というか事情説明をさせていただきました。わたしは元気です。


さて、【今月の珈琲・10%OFF】はニカラグア カサブランカ農園 ラ・コパ DF/PNです。以前ニカラグアのカサブランカ農園を取り扱っておりました。その時の記事があるのでよかったら参考までにどうぞ。今回のカサブランカ農園は同じ農園といえど完全に別物です。この農園はニカラグアでも1,2を争う大農園なんだそうです。エスメラルダ農園なんかと一緒で、区画ごとにそれぞれ名前がつけられており味が違うようです。栽培されている品種が違ったり、土壌自体が違ったりと理由はあるのでしょう。
今回のラ・コパと呼ばれる区画は高品質コーヒーを栽培する区画なんだそうです。その品質の良いコーヒーを手をかけて精選することで、一般品と比べてより味が変わっていくということになります。
その精選については商品名の最後に略している「DF/PN」です。PNはここで何度か説明しているパルプドナチュラルの略ですね。DFはドライファーメンテーションという聞き慣れない言葉。さて、いったいなんのことでしょう。参考資料を引用します。
収穫したチェリーをパルパーにかけて発酵槽に入れます。ただし水はためずにドライな状態で自然発酵工程を進め、その後約2晩かけてゆっくり酵素反応を進めます。最後に水洗いせず、アフリカンベッドで乾燥させます。
「パルパーにかけて発酵槽に入れる」ということは果肉を除去しただけということなので、ミューシレージが残ったまま発酵行程を経て「水洗いせず乾燥」するのですから、ほぼほぼハニープロセスじゃないですか。コスタリカとかでよくあるアレですよ。そうなんです、だから今までのカサブランカ農園より甘みが強いんです。更に店主の大好きなアフリカンベッドでの乾燥ですから甘みは増すばかり。酸もいわゆるフルーツ感のある酸ではなく、プラムのような若干発酵系の酸など複合的な酸で味に立体感があります。ただ、店頭ではこんなに長々と説明できないので一言「最近のスペシャリティコーヒーらしいコーヒー」と伝えています。

で、コーヒーの話はまだ終わりません。【今月の珈琲セット・15%OFFのセットブレンドは久し振りに新しいブレンドを作ってみました。先月軽くお知らせしたブラジル、コロンビア、インドネシア、ケニアの国土に赤道が通っている原産国のコーヒーをブレンドしました。だからといって特に意味はないのですが、こういったコンセプトが先にあると作っていて面白いんです。スパイシーなインドネシア(マンデリン)と、ケニアの芳醇な酸味がうまく絡まりあったコーヒーになっています。今のところセットのみの販売ですが、ご興味のある方はぜひお試しください。

2018/08/12

2018年8月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

お盆前の怒涛の注文ラッシュのため更新が遅れました。誰も待っていないでしょうが、お待たせして申し訳ありません。年末年始、ゴールデンウィーク、そしてお盆と年々、スケジュールがタイトになってきています。ありがたいことにいただく注文が増えてきているのですが、入庫も出庫も運送会社のスケジュールに大きく左右されるため、大型連休の前は戦場と化する当店です。そういえば大型連休といえば当店のお盆期間中の営業日程をお知らせさせていただきます。


一応、定休日スケジュールの通り表記しましたが14日と15日は営業するつもりです。お盆だからといって特に用事もありませんし。お盆が明けた20日は臨時休業をいただきます。そして28日から三日間連休します。遅いお盆休み的な感じですが、泊まりの勉強会に参加してきます。ご迷惑をおかけしますがご了承くださいませ。

【追記】急用のため16日(木)は14時ごろからの開店になります


あとですね、22日にカフェ アンジェさんでコーヒーセミナーを行います。セミナーといっても基礎的なことをさらっと行うつもりですのでお気軽に参加ください。それが第一部。第二部は懇親会的な感じで盛り上がれたらいいかなと思っています。平日の夜なので仕事を早く切り上げる口実にお使いください。お申込みは当店ホームページのメールフォームからでもSNSからでも結構です。


先月の最後にお知らせしたブラジル ディアスポンチス農園 トゥピー #16UPが、水出しとかアイスにしてもいいよコーヒーのラストを飾る【今月の珈琲・10%OFF】です。もうブラジルの深煎りってだけで、他に説明はいらないように感じるでしょう。あ、深煎りって言ってもウチの深煎りはそれほどでもありませんよ。フレンチ寄りのフルシティって感じです。2ハゼが終わらないぐらいです。

カップはブラジルらしいナッツ感が少なめで、ドライフルーツのようなフレーバーがあります。若干、ブドウのように感じる方もいるかもしれません。これはトゥピーという品種と精選方法がナチュラルに由来するフレーバーで、人によってはワイニーと評されるかもしれません。店主はこの程度ではワイニーとは言いませんが。次回入荷するドミニカが相当なワイニーらしいので、そちらをお楽しみに。

そうそうナチュラルで思い出した。よく精選方法がナチュラルというのは天日乾燥(サンドライ)によるもの、と思われている方が多いのですが、ナチュラルでも機械乾燥(マシンドライ)のものは数多く存在します。たぶんイメージで天日乾燥と思われているのでしょうが、ナチュラルというのは果実のまま乾燥工程を経る精選方法のことになります。このことからウォッシュドでも天日乾燥のコーヒーは存在することにもなりますね。実際にあるかどうかわかりませんが。いや、あったような気がするな・・・ちょっと覚えてません。


【今月の珈琲セット・15%OFFのセットブレンドはベースをスイート&フラワーズにしたたぐちプレミアムブレンドがセットになっております。このセットブレンド、来月はいい感じのブレンドが完成したのでそちらにしてみようかと思っています。ブラジル、コロンビア、インドネシア、ケニアの国土に赤道が通っている原産国だけでブレンドを作ってみました。現在、最終調整中です。こちらもお楽しみに!

2018/07/13

2018年7月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

焙煎中の室内が40度を超えるようになったため、ビールを飲むと必要以上に酔ってしまうのでノンアルコールビールに鞍替えしたコーヒー屋です。サントリー、キリンと試しましたが今のところアサヒのドライゼロを常飲しています。ノンアルコールビール全般に言えることですがビールより炭酸が強くて良いです。炭酸と言えば昼間もレモン味の炭酸水を飲むようにしています。これもなんとなくレモンサワーを飲んでいるような気分になります。ちなみにこちらはウイルキンソンがお気に入り。おっと、どっちもアサヒじゃないですか。


今月が始まってからすぐ臨時休業がありました。そしてこれを書いている今週は三連休が控えております。その三連休の中日にあたる15日(日)はおそらく14時には戻って開店できる思うのですが不確定なので臨時休業扱いとします。だいたい三連休の中日は以前、定休日にしてたぐらいですからほとんど影響はないと思っていますがね。

さて、先月行った珈琲の会|”珈琲豆屋とコーヒーを愉しむ” 専門家直伝!夏の本格アイスコーヒー レポートがアップされております。参加された方も参加されなかった方もぜひご一読を。文中にもありますが正直、アイスコーヒーに対する考え方が変わりました。特にコールドブリューやウォータードリップといった水出しは、お湯で抽出するより味の中核をなす成分が感じやすいと思っています。つまり極端な酸味や苦味が出ない分、そのコーヒーの本質的な味がわかりやすくなるんじゃないかと。
それからというもの、テストの時はほとんどのコーヒーをウォータードリップ(MY DUTCH)で抽出して飲んでいます。その上で取扱を決定したり、焙煎度を決定したりしています。時間はかかりますがこのクソ暑い中には大変助かります←そこか


ということで、この夏の【今月の珈琲・10%OFF】はアイスコーヒーにしても十分イケるコーヒーをセレクトしていく第二弾はウォータードリップでテストしたところ、大変良いアイスコーヒーにもなったインドネシア マンデリン G1 セブンステラです。

ホットコーヒーでもスパイシーで大変良いマンデリンだと思います。実は今、マンデリンが品薄です。ウチのマンデリンと言えばインドネシア マンデリン アチェ ガルーダ SGが定番なのですが只今品切れ中です。このセブンステラはスポット入荷になので今月売り切ってしまうつもりです。と、思ったけど月の途中で売り切れたらどうしよう・・・ま、そんなことはないと思いますが。


セブンステラというのは「7つの星」という意味だそうで、麻袋に記された「7★」がポップで印象的です。この時期にこのレベルのマンデリンがあるとは驚きました。開封した時に思わず二度見してしまいましたもの。スマトラ式精選方法特有の濃い緑色をしており、サイズが(マンデリンの割には)揃った大粒の生豆。外観だけならガルーダに負けてないどころか勝っているのではないでしょうか。

マンデリンは深煎りにしない当店ですが、今回はアイスコーヒーも視野に入っているので焙煎はやや深め(フルシティロースト)にしました。完全に深煎りにしてしまうとスマトラマンデリンと変わり映えしなくなってしまうので、ほんの少しだけ酸味を感じる程度にしてあります。こうすることでハーブのようなスパイシーさと、フルーツ感(プロフィールには「メロン」とありました)を感じることができると思います。

ちょっとハナシが逸れますが、ガルーダもセブンステラもアチェのマンデリンです。このセブンステラが完売したらリントンのマンデリンを扱ってみたいと思っています。同じマンデリンでも地域によってかなり味の出方が違うので、せっかくだから2種類のマンデリンを持っていても良いかと。
最近聞いたハナシだとスマトラ式が減っているということなのでスマトラ式はガルーダに任せ、あえてウォッシュドのマンデリンを探してみるのもいいかもしれません。こういうのがコーヒー屋をやっている楽しみだったりします。


と、ここまで書いて終わるつもりでしたが、ディアスポンチス農園から写真が届いたのでご紹介。当店のロゴが入った看板を農園に設置してくれたとのことです。遠く離れた日本の裏側にあるブラジルに当店の看板があるかと思うと実に感慨深い。篠崎にだって看板なんか出したことないのに。

あ、【今月の珈琲セット・15%OFFはベースをスイート&フラワーズにしたたぐちプレミアムブレンドがセットになっております。

2018/06/09

2018年6月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

なんだかバタバタしてて告知ができてなかったのでトップでお知らせします。6月17日(日)にやどり木さんで珈琲の会|”珈琲豆屋とコーヒーを愉しむ” 専門家直伝!夏の本格アイスコーヒーを行います。カリキュラムもだいぶ固まってきたので(まだ固まってないのかよとは言わないように)ちょっとだけお伝えします。今回は同じ珈琲豆で淹れ方を変えたアイスコーヒーの飲み比べをメインに、アイスコーヒー用ではない様々な国のコーヒーをアイスにして飲んじゃおうと。そして家庭で水出しコーヒーを簡単に作れる方法も伝授しちゃいます。いつものコースよりライトにワイワイ楽しみながらやりたいと思っていますのでぜひぜひご参加お待ちしております。ということで当日、店の方は14時開店とさせていただきます。


これはウチだけのハナシではなく宅急便の値上げにより、一定の金額以上の購入で送料無料というのが難しくなっていくかと思われます。何故かってたくさん買っていただくと荷物が大きくなって、より配送料が高くなるからです。そりゃ、何万円も買ってもらえば送料無料にできるのでしょうが、ネット通販で何万円も買い物する機会なんてそうそうありませんよね。これからはどの分野のメーカーもポスト投函で配達完了となる郵便やメール便で送れるようなパッケージの商品開発が必要になるのではないでしょうか。

さて、今年も暑い夏がやってきました。まだ梅雨の時期のはずなのですがやたら暑い。もう皆さんご存知になってきて「暑いと焙煎が大変ですね」なんて労いの言葉をちょうだいしてしまう始末。そうなんです、もう焙煎機周辺は35℃を超えてます。
最近わかったことですが真夏より今ぐらいの時期のほうが実はキツい。というのは、焙煎機回りが35℃で外気温は25℃ですと気温差は10℃。これが真夏になると焙煎機回りは40℃で外気温が35℃。そうです、真夏のほうが気温差が少ないのでラクに感じるんですね。毎年、真夏になると身体が慣れるからラクになるのかと思っていたんですけど、そうではなく気温差によるものだったようです。そんなワケでここ数日は完全にヘバってます。

そんでもって夏はいくらかヒマができるのですが、今年の夏は精力的に課外活動しようと思っています。各所で行われるセミナーやワークショップへ参加して見識を深めてこようかと思っています。そんなんでこの夏も臨時休業や営業時間変更が多々あるかと思われます。ご迷惑をお掛けしますが、SNSのチェックをお願いします。つい先日はパナマ・エスメラルダ農園のオークション出品ロットのカッピング会に潜入してきました。


そろそろコーヒーの話でもしようかと思うのですが、月末月初のバタバタに加えて決算だったりしたので、新しいコーヒーは手元にたくさんあるのに販売準備ができておりません。この辺はもう少ししたらまとめて紹介しようかと思っております。なんとなく来月のお知らせにスライドする気が・・・いや、しちゃうな、たぶん。


この夏の【今月の珈琲・10%OFF】はアイスコーヒーにしても十分イケるコーヒーをセレクトしていこうと思います。第一弾はグァテマラ マリアージュ ショコラ・オ・レ SHBです。

8大産地として知られるグァテマラのコーヒーなのでマリアージュってどこ?と、聞かれるのですがこれはブランド名になります。このコーヒーはグァテマラ各地のコーヒーを生豆の段階でブレンドし特定の味を作り出し、作柄に左右されずカップを維持することをコンセプトとしています。ちなみにこのコンセプトのコーヒーで一番有名なのはコロンビア エメラルドマウンテンでしょう。

このグァテマラをフルシティロースト程度まで焙煎することで、コッテリした舌触りと、チョコレートのような濃厚な甘みでまさしくショコラ・オ・レを感じます。ちょっと中米のコーヒーらしくないのですが、アンティグアやアカテナンゴを深めに焙煎した時のグァテマラらしいなかなかのコクがあってよろしいかと。

そしてこのコーヒーを水出しでアイスコーヒーとして飲むと、まぁ旨い。冷たくした時のコッテリ感が相当でアイスコーヒーなのにそこまで苦くない。水っぽい感じは皆無でして、家でしか飲めないアイスコーヒーはこういうのがいいんじゃないかと思います。
いつものようにMY DUTCHで抽出しましたが、新しく取り扱うことにしたRIVERSのHERONでも十分旨かったです。


あ、【今月の珈琲セット・15%OFFはベースをスイート&フラワーズにしたたぐちプレミアムブレンドがセットになっております。


2018/05/05

2018年5月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

カロリーハーフのマヨネーズは倍かけるために存在するというネットの書き込みが心に刺さったままゴールデンウイークを過ごしているコーヒー屋です。過ごしているといっても店を開けています。今年は13時から開店していて実に良い。二度寝なんかできちゃうから身体はラクだし、午前中にぶらっと出掛けられたりして、軽く連休気分を味わうこともできてます。

おかげさまでたぐち珈琲豆店は21周年を迎えることができました。毎年陳腐な言葉になりますが、これもひとえに皆さんのおかげです。ここまで来るとあとはどれだけ長くできるかのマッチレースだと感じています。誰と競っているワケじゃありませんが。とりあえずこれからの4年間は四半世紀にあたる25週年に向けての助走でしょう。これからも変わらずのお引き立てを願うと同時に、ウチの店はどんどん変わっていきますので見守りくださいますようお願い申し上げ奉ります。

さて、先月ご案内したパナマ エスメラルダ農園 ダイヤモンドマウンテンが凄い勢いで売れています。やはり皆さんさすがですよね。こういった良いものへのアプローチが実に速い。店頭でよく試飲していただきますが、一口で購入を決める方の多いこと。こちらは追加購入してありますので在庫のご心配は無用です。
そのダイヤモンドマウンテンに続けとニカラグアからも良いコーヒーを取寄せてみました。ニカラグアは去年ぐらいまでカサブランカ農園を取り扱っていました。そのカサブランカ農園というのはニカラグアの大農園でして、区画によって標高が若干違っていたりします。今まではカサブランカ農園の一般品でしたが、こちらはLa Copaという高地区画で栽培されており、ドライファーメンテーション&パルプドナチュラルで精選された限定ロットとなっております。その暗号みたいな文字列はなんだと思われるでしょうから、軽く解説しておきますと、以前コスタリカの時に書いたハニープロセスのようなものだと思っていただいて結構です。と、思ってこちらを読み返してみたら、その時も解説してませんでした←やる気あんのか
連休のヒマにまかせていろいろ書いていますが今月の珈琲ですね。タンザニアはカップ・オブ・エクセレンスもないし、これといった限定ロット的なコーヒーもあまり見掛けません。これは何か事情があるのでしょうか。今すぐ確かめたいところですが連休中につき誰とも連絡が取れません。どなたか事情をご存知の関係者は直ちに連絡するように。

そのタンザニアのコーヒーはキリマンジャロと呼ばれているため、こちらでの方が知名度が高いかと思われます。知名度が高いどころか日本では高級品として名が通っているコーヒーですね。ちなみにライオネスコーヒーキャンディーもタンザニアコーヒー使用とパッケージに書いてあったと記憶しているので検索してみたところ見つかりませんでした。それどころか今はライオネスコーヒーキャンディーのブルーマウンテンブレンドとかスペシャルティなんてものまであるんですね。

さておき数あるキリマンジャロの中でもトップブランドのモンデュールを【今月の珈琲・10%OFF】にしました。強い酸味によって引き立つ甘味が大変印象的なコーヒーです。抜群に良い香りはさすがモンデュールといったところ。酸味がダメだったらお湯を30%ぐらい足してみてください。飲みやすくなった上に、より香り立ちが良くなります。カフェオレにしても良いでしょう。意外にもMY DUTCHでアイスコーヒーにしたら、かなりいい感じのアイスコーヒーになりました。いろいろお試しください。

そうそう、アイスコーヒーと言えば6月に珈琲の会|”珈琲豆屋とコーヒーを愉しむ” 専門家直伝!夏の本格アイスコーヒーなんてものも行います。アイスコーヒーの淹れ方から、豆のセレクトまで、おっと今回はそこまでマニアックな講座にはしません。気軽に冷たいコーヒーを飲みに来てもらいたいなと思っています。

最後になりますが今月から看板の作者が変わりました。インスタによると「漫画やイラストを描く映画オタク」ということなので、何一つ店主とは共通点がありませんがどうかよろしくお願いします。お仕事の依頼があったらご紹介させていただきます。

あ、【今月の珈琲セット・15%OFFはベースをスイート&フラワーズにしたたぐちプレミアムブレンドです。

2018/04/13

2018年4月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

陽気のおかげか先月末からずーっと忙しくさせていただいております。だいたい気温が20℃を超えるとアイスコーヒーが動き出すもんで、一気にアイスコーヒーの波が来ております。今年もリキッドを作ってありますのでご利用のほどよろしくお願いします。

今月はこの記事をアップしてすぐの15日(日)はJ.C.Q.A.コーヒーインストラクター2級講習会のため臨時休業させていただきます。今回は講師でなく委員としての参加なので裏方に徹してきます。店主がなにするかはさておき、日曜日に休むことになりご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

今回もいろいろ書きたいことはあるのですが、さすがにこれ以上お知らせが遅れるとアレなんでさっさと本題に入りましょう。
ありがたいことに今年もディアス・ポンチス農園と年間契約を結びました。これで4年目なんですが、4年目にして麻袋にロゴを入れるという念願がとうとう叶いました。もう感無量です。年間契約ですから相当な量になります。それを使ってくださる方々がいることは忘れません。
だいぶ花粉症も良くなった今月はホンジュラスのコーヒーを【今月の珈琲・10%OFF】にしました。今月末で丸21年もコーヒー屋をやっとりますが、ホンジュラスのコーヒーを取り扱ったのは実は初めてのこととなります。
勝手な思い込みかもしれないので間違ってたら申し訳ないのですがカップ・オブ・エクセレンスを行う前までのホンジュラスはこれといった特徴もなくブレンド用みたいなイメージでした。それ故にわざわざホンジュラスの良いものを探すことはしてませんでした。こうして文章にするとタダの怠惰ですね。ホントすいません。
そんなワケでふとしたことでこのホンジュラス ラパス クラシック マルカラ SHGを飲んだ時、実は物凄いもったいないことをしていた気にさえなったものです。グァテマラやニカラグアといった中米のコーヒーが好きな方ならまずハズレることはないでしょう。

そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット・15%OFF。先月やってみたスペシャルなたぐちプレミアムブレンドです。これが実に好評でして、店頭の試飲でおかわりする人がいたぐらいです。いえ、イヤミではなく試飲のコーヒーをもう一杯おかわりするって相当旨いってことじゃないですか。これで自信がついたので今後はベースのコロンビアをスイート&フラワーズに固定します。まだ実は試してみたい配合もあるのですが、それはまたおいおいということで。
続いて今月の新商品のお知らせです。今月はパナマ エスメラルダ農園 ダイヤモンドマウンテンが入荷しました。エスメラルダと聞いて、おっと思った方はなかなかのコーヒー事情通でしょう。そうです、ゲイシャで有名な今では世界一の農園とも言われるあのエスメラルダ農園で栽培された普通(?)のコーヒーです。普通とか言っちゃってますけど飲んでビックリするような旨味があります。やはり栽培環境は大事だということを思い知らされるコーヒーではないでしょうか。少々イイお値段ですが、ちょっとでも興味を持たれたら飲んでおいて損はないコーヒーだと断言します。

2018/03/04

2018年3月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

つい先日、食べログの応募企画で最優秀賞をいただいて、そのご褒美としてアンジャッシュの渡部さんと食事をする機会をいただきました。グルメ王と言われるだけあって食の知識が豊富だし、本業が本業ですから話は面白いし、なにしろほぼ素の状態の渡部さんの隣に座って一緒にメシを喰うという貴重な機会で良い思い出になりました。
お店は食べログ中華料理部門でランキング一位の趙楊。コース料理をいただいたのですが、その料金にブッ飛びました。こんなたいそうなモノをいただいちゃってよかったんでしょうか。四川料理なのでけっこう辛かったものの大変おいしくいただきました。

先月の“珈琲豆屋とコーヒーを愉しむ” ベーシックコースも大変盛況でした。毎回満席にしていただいて感謝しております。こちらにレポートがアップされておりますので、よかったら読んでみてください。三回目は土日が休めないお仕事の方や、会社員の方でも有給消化の一翼を担えばと思い、いずれ平日の昼前後に行いたいと思っています。
今月は“珈琲豆屋とコーヒーを愉しむ” テイスティングコースと称して地域別におよそ10種類のコーヒーの飲み比べをします。地域による味の特徴、ちょっとマニアックに製法、品種、グレーディングのことなんかも触れてみようかと思っています。個人的に次のテイスティングコースは品種別に行いたいかな、と。
そうそう、この一連のコースはプロの方や開業希望の方の参加も大歓迎です。商売をしていてもっとより深く知りたいという方や、これからコーヒーで食っていこうと思っている方のお役に立てれば嬉しく思います。よかったら情報交換なんかもしましょう。


現在、花粉症が絶頂のため新しいコーヒーのテストができません。いや、できないことはないのですが、万全を期すために今月は新しいコーヒーではなく、原稿ラインナップの中から自信を持ってオススメできるコーヒーにしました。それが【今月の珈琲・10%OFF】コロンビア ウィラ サン・アグスティン スイート&フラワーズです。
ちょっと思い出していただきたいのは先月のコスタリカ タラス フローラルハニー SHBです。こちらはフローラルでハニー、つまり花のような香りと甘味。今月はスイート&フラワーズですから甘味と花。そうです、同じコンセプトのコーヒーになります。同じコンセプトでありながら香りも甘味も質が違う。それは品種も違えば産地、中米のコスタリカと南米のコロンビアですね。この違いを体験していただければと思ってのセレクトです。

そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット・15%OFF。今月はモカアロマブレンドにしてみました。なぜならたぐちプレミアムブレンドのベースはコロンビアです。スイート&フラワーズと被るじゃないですか。それではおもしろくない。ということで、モカ系のブレンドです。
そしてそのたぐちプレミアムブレンドは今月だけベースのコロンビアをスイート&フラワーズに変更し、スペシャルなブレンドにしてみようかと。より味わい深くなった、というか旨味が強くなっています。それもそのはず原価が・・・まぁ、いいでしょう。たまにはこういうのもいいですよね。
それと先月さらっと触れましたがウォッシュドモカがエチオピア シダモ カーチャンシェ G2 ウォッシュドという新しいものになりました。こちらも単品販売を始めましたのでお知らせさせていただきます。以前のゲラ農園も好評だったのですが、なくなってしまっては仕方がない。たまたま少々お安めのものが見つかりましたのでそちらを用意しました。価格はお安めながら味は申し分ありません。モカにしては酸味が柔らかく後味の甘味がいい感じです。

2018/02/09

2018年2月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

毎年大量に余る恵方巻き。方や無料で行列ができる牛丼。つまりソフトバンクが恵方巻きを無料にすればいいんじゃないかと思っているコーヒー屋です。今月もいつも通り10日前後に更新となりました。今月はこの三連休までになんとか更新せねばと思っておりました。
というのもこの三連休の中日にあたる11日に“珈琲豆屋とコーヒーを愉しむ” ベーシックコースが行われます。そのため11日は14時に閉店させていただくことに鳴っております。こちらのコース、去年の9月に行ったものが大変好評でして、アンコール開催となりました。前回と同じ内容ですが二回目なのでちょっとグレードアップしているとは思います。既に満席となっているので、ご興味を持たれた方は「もっとやれ」とお伝えください。三回目の開催があるかもしれません。


今月はコスタリカ タラス フローラルハニー SHBが【今月の珈琲・10%OFF】です。こちらも流行りのハニープロセスってヤツです。何回かハニープロセスの解説はしていると思うので今月は割愛。
このコーヒーは去年の10月ぐらいには入荷していたのですが、どうにも焙煎が決まらなくてデビューが遅れました。ハニープロセスっぽさを前に出すと生臭い感じになるし、しっかり焼くと普通のコーヒーと同じようなタッチになってつまらない。そんなこんなで年末年始を挟み放置していました。一旦忘れたおかげか放置している間にいい具合に経時変化したか、改めてトライしてみるとハニープロセスの良い部分と中米のコーヒーの飲みやすさが相まってバッチリ決まった感じの味になりました。ほんのり甘味があってドンドン飲めるような感じです。2月は日数が少ないのでドンドン飲んでくださいませ。

そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット・15%OFF。今月もおなじみたぐちプレミアムブレンドです。先日から使用しているモカを甘みの強い新しいものにしました。そのおかげか一層、コクのようなものが強くなったと思います。だいぶ飲みごたえが出てきたように感じます。

2018/01/13

2018年1月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

今更ですけど皆さん、あけましておめでとうございます。今年もたぐち珈琲豆店をよろしくお願いします。と、遅い新年の挨拶をカマしたところで早速臨時休業のお知らせになります。

さてさて、新年一発目の新しい試みです。コーヒーの販売単位をレギュラーサイズ(生豆時250g)に加えて焙煎後1gを追加しました。前々から生豆時150gや生豆時75gなど試行錯誤してきましたが全てのニーズに応える、といえば聞こえは良いものの単に面倒になっただけです。250gだと100gにしてくれ、100gだと50gにしてくれ。果ては1杯だけのみたい・・・じゃあ、欲しいだけ売るよって具合です。最近はコーヒー1杯淹れる時の粉の使用量が人それぞれ多岐にわたっており、それなら必要な分だけを売ったほうが良いという判断です。価格は生豆時250gをベースに1gを1.3倍にします。少しだけ欲しいとか1杯だけ飲んでみたいという場合にご利用くだされば。

そして今年から当店で粉にしてお買上げいただくことを推奨します。コーヒー屋が劣化スピードの速い粉の状態を勧めるとは何事かと思われるでしょう。でもですね、コーヒーってそんな簡単に劣化しないと思うようになったんです。味と香りは変化していくけど劣化はしない。豆の状態だって味と香りは緩やかに変化しています。これを劣化の一言で片付けてしまうのは早計すぎる。ましてや酸化だなんてとんでもない。ちょっと酸味が出るようになったからといってコーヒーが酸化しているのではありません。この変化も毎日飲んでいくうえで楽しめる要素の一つじゃないでしょうか。
もう一つの理由は家庭用ミルと業務用ミルの性能差が開きすぎているからです。極端な話、家庭用と業務用の価格差は最大で100倍はあります。業務用は耐久性も価格に反映されているので単純に価格差と性能差が比例するとは言いませんが、それでもこの数字が何を語っているかということです。去年から行っている珈琲講座などでもお話ししている通り、家庭で美味しいコーヒーを淹れる決め手は粉砕とペーパー選びだと思っています。そこが良ければ買ってきたコーヒーの味がしっかり抽出されることになります。いつも豆でお買上げの方も一度はお店のミルで粉にしてみることをお勧めします。
とはいえ、豆の状態より粉の方が劣化スピードが速いことは事実です。これを少しでも抑えるよう粉でお買上げの場合のみ、新しく導入したワンウェイバルブが付いた保存性の高い袋でご提供します。

さて、いい具合に長い文章を書いたのでそろそろ【今月の珈琲・10%OFF】のご紹介をしましょう。新年一発目は2017年に一番売れた、それどころか当店始まって以来、記録的な売上を記録したエチオピア イルガチェフ コケ G1 ナチュラルにします。去年10月の今月の珈琲だったので記憶に新しいコーヒーかと。何人かの方にはお伝えしていますが、このコーヒーは店主20年のキャリアで最高傑作です。「ストロベリーヨーグルトサンデーの味」と説明するとたいていの方が「?」となるものの、飲んだ感想を聞くとその通りだったとお褒めの言葉をいただきます。残念なことにこの原料が継続的に入荷する保証がありません。今年3月ぐらいには完売するだろうと言われており次回のロットで同じ味が出る保証もありません。ぜひたくさんの方に飲んで評価していただきたいと思ってのアンコール販売です。


そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット・15%OFF。今月もグレードアップに成功したたぐちプレミアムブレンドです。年末は売り切れてしまい大変申し訳ありませんでした。

2017/12/11

2017年12月【今月の珈琲・20%OFF】のご案内

先月「ブログという長い文章を読み書きする場所」とか言っておきながら、今月はさらっとまとめます。というのも、年末のラッシュに巻き込まれてこのまま更新できなくなる恐れが判明したからです。


やっと状態の良いブルーマウンテンが帰ってきました。年末年始は良いコーヒーをどうぞ!ってことで、【今月の珈琲・20%OFF】はブルーマウンテンブレンド 2017です。あえて商品名には入れてませんが、最高級グレードのNo.1を使用しています。香りよし味よし。そしていつもの10%OFFではなく20%OFFです。

そして期待の新入荷コーヒーを2種類合わせてお知らせします。
ブラジル セラード ウインドドライ
店主お気に入りのウインドドライ(アフリカンベッドとか棚干しとも言います)でチョコレートのような非常に強い甘味を持ち、酸味の少ないコーヒーです。ナッツ感も十分でブラジルのお手本のよう。

グァテマラ マリアージュ ショコラ・オ・レ
こちらのコーヒーはエメラルドマウンテンのようにカップ指定のコーヒーになります。エリア・農園・品種の指定はありません。そのため価格も抑えめで作柄に左右されず安定したカップの供給が可能になります。今後しばらく全てのブレンドのグァテマラはこのコーヒーを使用します。カップはテフヤ以上にミルクチョコレートのフレーバーを強く感じることができるため、ショコラ・オ・レと名付けてみました。

そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット・15%OFF。今月もたぐちプレミアムブレンドです。上の2種類の取り扱い開始に伴いリニューアルとなりました。大幅にとはいきませんでしたが確実にグレードアップしていると感じています。