たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp

たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp オンラインショップはこちら

2019/06/05

2019年6月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

どうも、入口、出口、田口です。ちょっと言ってみたかっただけです。いや、喜んでるワケではないんですけど、かつて田口がこれだけ注目されたことはなかったことだと思います。

で、注目と言えば当店が属している東日本コーヒー商工組合が「コーヒータウン」という消費者向け情報発信サイトをオープンしました。2月のコーヒーサミット開催の時にも書きましたが、このプロジェクトの制作チームに加えていただいております。それもあって公開の喜びもひとしおです。
このサイトの目玉とも言うべき「珈琲人名鑑」というコンテンツでは、組合員各社のひとりにスポットライトを当てて紹介しております。ほぼ毎日のように更新され、組合員全社が紹介されるようになっています。もちろんウチも紹介されております。ウチはひとりしかいないので当然店主になります。よかったら読んでみてください。


こちらが今月のお休み情報になります。今月は9日(日)が臨時休業となります。例によってJ.C.Q.A.コーヒーインストラクター検定のお手伝いです。今回は1級の実技講習の裏方。何度も受講したことがある(つまりなかなか受からなかった)ので今となっては懐かしいですね。改めて勉強してくるつもりで行ってきます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。


4月から二ヶ月もスライドして【今月の珈琲・10%OFF】はルワンダ サンドライドブルボン ジュアが満を持しての登場となりました。ジュアというのはスワヒリ語で「太陽」という意味になりますので、サンドライで太陽で二重表現という気がしないでもないのですがそこはまぁいいでしょう。要はブルボンの天日乾燥であることがウリのコーヒーです。ルワンダはだいたいブルボンなのでウリかと言われると・・・まぁそこもいいでしょう。

最近はアフリカの良いコーヒーが多いですね。エチオピアやケニアのメジャーどころはもちろん、ブルンジやこのルワンダのような、まだまだ産地的にはマイナーな国からも良いコーヒーがバンバン生産されています。面白いことにどの国のコーヒーもしっかりとした特徴があって、ブラインドで飲み比べてある程度は誰でもどこのものかわかってしまうかもしれません。

ルワンダはあくまでイメージなんですけど赤くて酸っぱい実の味。ケニアも同じように赤い実を感じますが、ルワンダはレッドカラント(赤すぐり)とでも言いましょうか。もっと酸味が前面に出ているイメージ。正直に伝えておきますけど、このコーヒーはけっこう酸味が強いと思います。

淹れ方によってだいぶ変わるとは思いますが、ハリオなど落ちる速度の速いドリッパーだとけっこうな酸味が出ます。フルーティーでスペシャリティコーヒーらしいと言い換えもできますが。他のドリッパーだったり、若干細かくグラインドしたり、熱いお湯で抽出するとちょっと強いかな?ぐらいの酸味となります。いずれにせよ脊髄反射的に酸味が苦手と言ってしまう方はやめておいたほうが無難かと思われます。無理は禁物です。


今月の珈琲ではない新しく入荷したコーヒーのご紹介も。ピンクブルボンというレアな品種があります。某コーヒーハンターさんが長らく探し続けていたというコーヒーです。このコーヒーの甘味を絶賛されているだけあってこの甘味は格別です。ホントに甘いんです。この甘味をなんと例えましょう。今までコーヒーでは感じなかった種類の甘味です。ちなみにウチにあるのはコロンビアなので同氏が取り扱っているエルサルバドルとは別物になります。いちおう念の為。あ、限定品につき売り切れ御免でご勘弁を。

【今月の珈琲セット・15%OFFはいつも通りたぐちプレミアムブレンドとのセットです。ここ数ヶ月は冒険し過ぎた感じがするので一旦、基本的な配合に戻しました。また気が変わったらいろいろ試してみようと思っています。

2019/05/10

2019年5月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

空前の連休となった10連休はどうでしたか?こちらは連休はしませんでしたが、3日はひたすら寝てました。当初からなにもせずに寝ることを目標というか楽しみ(文章にするとなんとも貧相だ)にしていたので、たった一日だけとはいえかなり満足度の高いゴールデンウイークでした。連休の影響でブログの更新が遅くなったのでさっさと続けましょう。


今月は18日(土)にJ.C.Q.A.コーヒーインストラクター検定(2級試験)が行われますので臨時休業をいただきます。公式サイトでも案内がありますが、東京・京阪神・中部会場では、午前・午後に分けて試験を実施します。受験番号によって試験の開始時刻が異なります。お間違えのないよう、ご来場ください。とのことです。受験される方はお気をつけくださいませ。


つい先日からSTANDARTの取扱を始めました。江戸川区で唯一と投稿しましたが、当店をご利用の方々が多い葛飾区、市川市、浦安市、松戸市でも取扱い店舗がないようなので、ご興味のある方はぜひお手にとってみてください。なかなかのマニアックな雑誌ですよ。


先月に続いて今月もエルサルバドルのコーヒーが【今月の珈琲・10%OFF】になります。しかも同じサンタリタ農園です。しかも同じ品種ブルボンです。しかし当店のことですから同じであることはありえません。先月は水洗式(ウォッシュド)でしたが、今月は非水洗式(ナチュラル)です。先月とはプロセス(精選方法)だけが違うエルサルバドル サンタリタ農園 ブルボン ナチュラルです。

エルサルバドルや農園については先月の記事を読んでいただきましょう。違いはカップだけですが、その前にウォッシュドとナチュラルの違いを軽く解説します。
2つのプロセスの大きな違いは生豆を乾燥させる時の状態にあります。ウォッシュドというのは果肉を除去し生豆の状態で乾燥させます。対してナチュラルは果肉がついた状態で乾燥させます。水で洗うからウォッシュド、とか、天日乾燥だからナチュラル、という認識だとハマることがあります。

中米らしい柔らかい酸味をほんの少しだけ残した焙煎にしてあります。そしてナチュラル特有のベリーのような甘味とアロマ。あの名品イルガチェフのナチュラルを感じるようなコーヒーです。もちろんモカではないのでソックリではありませんが雰囲気が少し感じられるかと。

先月のウォッシュドも今月のナチュラルも同じように思っているのですが、こういうコーヒーを通年置きたいモンです。ところがこういったコーヒーは今や取り合いなんですね。これらのエルサルバドルはどちらも1箱(40kg)注文を入れた時点でソールドアウトを喰らいました。
他にもいくつか良いと思って買ったコーヒーが即座に品切れになってしまっています。思うに売り手も買い手もレベルが上ってきている証拠ではないか。これは大変なことですよ。目利きのレベルが今後より一層問われることになります。もっともっと突き詰めていかないといけませんね。

【今月の珈琲セット・15%OFFはいつも通りたぐちプレミアムブレンドとのセットです。今月も少し配合を変えてみます。せっかくナチュラルのエルサルバドルがあるんだから使ってみたいんですけど、どうにもプレミアムブレンドとは合わないんですなぁ。面白いコーヒーです、今月のエルサルバドルは。

2019/04/05

2019年4月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

先月分の公開から二週間ほどしか経過していない(先月はホントすいませんでした)ので、割とスムーズに書けるんじゃないかと思ったらコレが大きな間違い。今月の珈琲を決定したのがつい先程。前回「ルワンダにしようか」と書いたので、自分の中でもほぼルワンダで決めていました。ところがちょっと前に買ってあった良いブツが入港し出荷できそうだという連絡をもらったもんだからさぁ大変。

このブツというのがかなり気に入ったコーヒーで、入荷したらすぐに販売したいと思っていたモノでした。このタイミングで変更するのは、なかなかのバクチではあります。なにしろ荷物の手配が追いつかず、なんとまだ肝心のブツが手元にありません。大丈夫なんだろうかという超見切り発車です。しかし心配は無用。味の方はプレシップサンプル(船積み前にチェックするサンプル)で確認してありますからご安心ください。いや、いきなりコーヒーの話なんて書いちゃったあたり、平成最後のブログって感じですね。何が何だかわかりませんが。


平成から新元号に移行しながらゴールデンウイークですよ。今年は10連休とか冗談でしょ?って、感じの連休が待っているワケです。当店はコレを書いている時点ではどうするか決めてませんが、おそらく普通に営業するんじゃないかという気がしています。これだけ休みが続くと逆に普通の動きになるような気がしています。
いや、普通じゃなくて、各種行事を鑑みて皆さん外出しないんじゃない?みたいな?それなら休んじゃってもいいんですけどね・・・。ま、ウチにとってはその前後一週間は地獄のような進行になるんでしょう。
ゴールデンウイーク前はだいたい火曜~木曜を適当に休みます。14日はJ.C.Q.A.コーヒーインストラクター検定のためお休みします。検定といえば今年の夏は同検定の3級を開催してみたいと思っています。ウチの店じゃ狭いのでどこかに出張して開催します。慣れてきたら出張しますのでお声掛けくださいね。


今年に入ってからの【今月の珈琲・10%OFF】はコロンビア→タイ、つまり南米→アジア。次はアフリカの予定でしたが、前述の理由によりここは中米ということで。そうか、まだ言ってませんでしたね。【今月の珈琲・10%OFF】はエルサルバドル サンタリタ農園 ブルボンと言うエルサルバドルのコーヒーになります。

エルサルバドルにある農園は火山灰土壌であることが多く、今まで取り扱ってきた同国のコーヒーを説明する時はたいていこの文字列が入っているかと思われます。火山灰土壌の利点は主に水はけが良いことです。サンタリタ農園はこの火山灰土壌であることに加えて標高が高い区画があることが特徴かと思われます。このコーヒーはイラマテペック区画という同農園で一番標高の高い区画で収穫されており、その品質は間違いないってヤツです。

では、なぜ標高が高いと品質の高いコーヒーになるか。簡単に言えば寒いと成長段階の果実が縮まる。暖かくなると大きくなろうとする。この繰り返しで果実に含まれる各成分が増加すると言われています。他にも太陽により近くなるから、という説を唱える方もおります。他の説があったら教えてください。

そしてパカス、パカマラ、カツーラなど様々なブルボン系のコーヒーが生産されていることで有名なエルサルバドルで王道のブルボン100%。直球勝負な感じがして好感が持てます。品種については以前も書いている気がするので、またいずれ気が向いたら何か書こうと思います。

カップはスッキリ系で柔らかい甘味と少々の酸味を感じることができます。中米のコーヒーらしいお味で何杯でも飲めちゃう感がありますね。尖った感じの酸味はなく苦味はほぼありません。フレーバーはほんの少しピーチなんかを感じるかも。ちなみに店主は毛が生えた果物は触ることさえ苦手です←どうでもいい情報

【今月の珈琲セット・15%OFFはいつも通りたぐちプレミアムブレンドとのセットです。どちらのコーヒーも文章にすると同じベクトルになりそうなのですが味は別物です。こればかりは飲んでいただいた方がわかりやすいでしょう。

最後にどうでもいいことですが、Google+が終了しました。このブログはBloggerというGoogleのサービスの一つです。なんとなく次に終了するのはBloggerじゃないかと思っています。ということで近々、ブログの引越しを検討しています。次はnoteという場所が最有力です。
noteは記事の一部を有料にできたりするようです。マニアックな部分を有料にし、読んでくれた方にはAmazonのクーポンで実質無料にしようか、なんてことも考えています。けど、そうすると店頭で購入される方に還元できなくなるんだよな・・・。と、現時点ではここまで。

2019/03/18

2019年3月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

今月は完全にブログの更新を忘れておりました。いや、本当に申し訳ありません。それというのも店頭向けに始めたLINE@(←よかったら登録してくださいね)に、今月の珈琲の紹介文らしきものを書いて配信したので、ブログを更新したような気になっていました。

ハッキリと調べてませんがもしかするとこのブログの更新と、今月の珈琲の売れ行きは相関関係があるのかもしれません。というのは、月が明けてすぐにブログを更新したら、先月のフルッタ・メルカドンが記録的な売上をマークしました。もちろん良いコーヒーだからというのが一番の理由なんでしょうが、日数の少ない二月で記録を出すというのは信じられません。
ただこのブログのページビューを見ると月初のアクセス数が割と多く、月が変わったら一度はチェックしてもらってるのかなと思うと申し訳ないと思うしかありません。アクセス数と注文数の関連を一度調べてみようかと。いや、その前にさっさとブログ書けよって感じですが。
これを書いたらもう来月のブログを書き始めよう・・・いや、その前に今月の珈琲を決めないと。予定では四月は決まっていたのですが、こっそり在庫していたブツが売り切れてしまったんですね。さて、どのコーヒーにしようか。店頭試飲で評判の良い先日入荷したルワンダにしようかな。


今月からカレンダーがNAVITIME仕様になりました。なりましたってか、使わせてもらってるだけですが。月曜日スタートの卓上カレンダーって、意外と見つからないんですよ、と散々言い続けていたら同社の方からいただきました。もうこれだけでナビタイム最高です。で、今月は火・水と連休にしましたが、4月は火・木と休んでみます。その話はまた今度。


インスタではケンカ腰な書き方に見えなくもない感じがするタイ チェンライ 宇佐美農園 ドイチャンコーヒーが【今月の珈琲・10%OFF】になります。このコーヒー、実は10年前ぐらいから継続して取り扱っているもので、2-3年周期で今月の珈琲にしています。タイ語で「ドイ」が「山」で「チャン」が「象」という特徴的な名前をしたコーヒーなので、記憶にある方もまずまずおられるのではないでしょうか。

このコーヒーはカチモールという品種でして、アラビカ種とカネフォラ種(ロブスタ)の交配品種です。今ではそれが特徴であるとは言えないぐらい珍しい品種ではなくなりました。前にドイチャンの特徴を書いた頃はまだカチモールをはじめとするアラビカ種とカネフォラ種のハイブリッドが珍しかったと記憶しています。ヴァリエダコロンビアとか懐かしいですね。
余談ですがハイブリッドはロブスタが入っているから美味しくないと決めつける方がまだまだ多いのも事実です。確かに出始めの頃のハイブリッドは、味的になかなか厳しいモンがありましたがね。特に先のヴァリエダコロンビアなんかはさすがに見なくなりました。品種改良を経て今ではカスティージョと呼ばれるコロンビアの一大品種となっています。
そして更に余談。コロンビアのハイブリッドを検索しまくっていたら数時間経過してしまいました。FNCのサイトなんかは参考になるのですが、「いったいその話はどこから聞いたんですか」というようなバイラルメディアの記事が表示されてきて、つい読み耽ってしまいます。そして答え合わせのために更に検索。ネットは疲れる。

タイのコーヒーの話をするつもりがいつの間にかコロンビアになってしまったので、話を元に戻しましょう。もう品種の話はいいですね。お味の話でもしましょうか。
今年で平成が終わってしまいますがドイチャンは昭和の味がします。どちらもそこそこ主張する適度な苦味と酸味。けれども飲みやすい。でも味はややしつこい。昭和のコーヒーの味を文章で表現してみました。今となっては逆に珍しい味のコーヒーになったと感じています。
華やかな酸味、ふくよかな甘味、クリアな後味・・・のようなコーヒーとは真逆なコーヒーがドイチャンです。そこが「スペシャリティコーヒーと対極にあるような風味」と言い切った所以です。スペシャリティコーヒーへの悪口でもないし、ドイチャンへの悪口でもありません。こういうコーヒーもあるよってことです。みんな同じじゃつまらないでしょ。

【今月の珈琲セット・15%OFFタイ チェンライ 宇佐美農園 ドイチャンコーヒーたぐちプレミアムブレンドのセットです。個人的にはこの組み合わせはなかなか良くできていると思いました。過去と未来が交互に楽しめる組み合わせではないかと自己満足しております。

2019/02/09

2019年2月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

今月こそ日付が一ケタのうちにブログを更新しようと固く心に決めていたのでギリギリの9日に更新。これを書いている今日と翌日はコーヒーサミットというイベントが行われております。各SNSで宣伝していたのでご存知の方もおられるかもしれませんし、もしかしたら参加されている方もおられるかもしれません。
当店は出店していませんが、こちらのイベントは当店も属している東日本コーヒー商工組合が主催でして、実はワタシは制作サイドとして絡んでいます。だもんで、全日本コーヒー商工組合連合会のサイトに軽く登場してたりしてます。ね、一応仕事してるでしょ?


二年ぐらい前にコーヒーチェリーを天然酵母と一緒に発酵させたコーヒーを扱ったことがあります。確かその時は入荷数が少なかったので、たぶんここでは紹介していなかったと思います。運良く飲めた方がもう一度飲みたいと口を揃えて言ってくれるコーヒーでした。それから一年。ある程度の供給量が見込めたそうで今年の分が入荷しました。これは【今月の珈琲・10%OFF】にしないとって感じです。

そもそもコーヒーと天然酵母ってどういうことかと言いますとコーヒーチェリー、つまり果肉のついたコーヒーの実を発酵させる際に、パンを発酵させる時に使う天然酵母のチカラを借りるそうなんです。具体的には企業秘密なんだそう。推測するにタンクの中にコーヒーの実と天然酵母を入れて発酵させる。おそらくここで加圧して発酵具合を調整しているのではないか。加圧して発酵させることを嫌気性発酵(カーボニック・マセレーション)といい、ワイン醸造ですでに行われている手法になります。

このような発酵をさせることでコーヒーが持っていない酵素により甘味と香りが二倍になるという触れ込みです。確かに甘くて香りが強い(多い)コーヒーですがある意味、ドーピングですよね。そうそうこの前、この説明をしたらフレーバーコーヒーとどう違うんですか?という質問をいただきました。フレーバーコーヒーの大半は焙煎後にバニラやチョコレートなどのフレーバーをつけたコーヒーです。いや、大半と言ったけど焙煎前にフレーバーをつけることなんてできるのかな。話を戻すと甘味も香りも通常のコーヒーのそれとは若干違うものを感じ取ることができます。


ということで、今月はこのフルッタ・メルカドンをお試しください。前評判が高く開始早々、すごいペースで売れています。ちなみに当店で販売しているロットはセミウォッシュド(パルプドナチュラル)です。ナチュラルが広く流通しているので、セミウォッシュドはレアだと思います。もう今年は入荷がないようですし。当店でもセミウォッシュドがなくなり次第、ナチュラルに切り替える・・・かわかりません。そのまま終了するかもしれません。

【今月の珈琲セット・15%OFFフルッタ・メルカドンたぐちプレミアムブレンドのセットです。先月のセットはプレミアムブレンドでなかったことをいいことに配合を変えてみました。いろいろ試していたら6種類もブレンドすることになってしまいました。しばらくしたらシンプルな配合に戻すかもしれませんが今はコレが気に入っています。